村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない

村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない
昼熊(原作), 森田和彦(漫画), 海鼠(キャラクター原案)


「変わりたい。そのきっかけが欲しかった俺に、まさしくそれは「命運」だった」――30代無職独身引きこもり。そんな良夫はある日、『命運の村』というPCゲームのテストプレイヤーに選ばれる。NPCである村人達には最新型AIが組み込まれ、良夫はそのゲームで『運命の神』として村人達を導くことになる。だが、そのゲームはただの村づくりゲームではなく…? 現実とゲームが交錯する、新感覚リアル×ファンタジー!

この漫画をComicWalker(5/2連載開始)で読む

この漫画をニコニコ静画(5/2連載開始)で読む

この漫画をヤングエースUP(11/5連載開始)で読む

関連商品をRakutenブックスで見る

フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする