青色ピンポン

青色ピンポン
音羽さおり


どうしても欲しいものができた。その春、久々守秋人は高校入学を控えた15歳で、結構ヘビーな状況にいた。目の前の平坦な道が、実はめちゃくちゃな絶壁だった。そんな感じの絶望感。偶然出会った「それ」に秋人が惹かれたのは、たぶんそれが理由だ。――卓球。体に刻み込まれた反射が、たとえようもなく綺麗だった。決して忘れ得ぬものを手に入れるため、初心者・秋人の挑戦がはじまる。

この漫画をマガポケで読む

この漫画をコミックDAYSで読む

この漫画をCOMIC BULLで読む

関連商品をRakutenブックスで見る

フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする