転生したら悪い国の娘でした。

転生したら悪い国の娘でした。
月煮ゆう

ある日突然、姿を消していた幼馴染のヒトミが帰ってきた。
…と思ったら、「もう会えない」と別れを切り出されてしまったアキユキ。
ヒトミは、”異世界の人々”を救うため、向こうの世界で生きるとアキユキに宣言する。
自分より大切なのか…そんな疑問を投げかけた直後、彼女を追って現れた敵の攻撃に巻き込まれ、アキユキは命を落としてしまう。
思いがけないところで死んでしまったアキユキだったが、謎の声によって再び目覚める。
”自分を殺した女の子”に転生するという形で――。

「+αの立ち位置」「手違いですが、ヒロインです。」の月煮ゆう先生が贈る、異世界転性(?)ファンタジーがついに開幕!!

この漫画をpixivコミックで読む

関連商品をRakutenブックスで見る

フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする