隣の席の、五十嵐くん。

隣の席の、五十嵐くん。
瞳ちご, ひなた

クラスの隅っこにいるおとなしい女子、今井椿。スクールカースト上の賑やかな男子や派手な女子はちょっと苦手。それなのに新学期のクラス替えで隣の席になった五十嵐君は、大柄で不愛想でちょっと怖い感じの学校の有名人でした。だけど一緒に委員をやることになって、ちょっとずつ言葉を交わすうちに…。これは普通の女の子がゆっくりとちょっとずつ恋をする、そんなおはなし―。

関連商品をRakutenブックスで見る

 
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする