桜の森の鬼暗らし

桜の森の鬼暗らし
黒榮ゆい

幼い頃、両親を亡くし自分だけ生き残ってしまった朱良。それ以来、いないはずの「もの」が見えていた。孤独にさいなまれる朱良は唯一の肉親である祖父を探すためバイトに明け暮れ、ようやく巡り会えたのだが、その正体は――!?

この漫画をComicWalkerで読む

関連商品をAmazonで見る

amazon広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする