アラサーママの私でいいの?

アラサーママの私でいいの?
著者 :ねこ末端


白石華乃は子持ちのバツイチアラサー。女としてではなく、母親として生きて行こうと家事に仕事にと頑張っている。そんなある日、隣人の大学生・よしおから告白される。まんざらではないものの、ひと回りも下でさらにバツイチ子持ちということで悩む華乃は告白を断ろうとするが……。アラサーママ×男子大学生ラブコメ!!

関連商品をRakutenブックスで見る

フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする