拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ

拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ
由姫ゆきこ/八色 鈴
拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ
病弱で引っ込み思案な王女リデルは、才覚に溢れた騎士オスカーに恋をし晴れて夫婦となる。しかしオスカーにとって望まない婚姻と知り、希望に満ちた夫婦生活は不遇の日々と変わっていった。やがてリデルを襲うひとつの悲劇が、その後の二人の人生を大きく変えていくのだが……。これは”はずれ姫”と蔑まれた元王女と、”氷の騎士”と謳われた青年伯爵の、かけちがいによる悲劇と二度目の恋物語――。

関連商品をRakutenブックスで見る

フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする