西妖記

西妖記
冬森雪湖,一ノ瀬かおる

少女は西の果て「天竺」を目指す──次の千年を迎えるために。

文明が滅び、人類が滅亡へと向かう末世。女僧侶である茜は世を救う経典を手に入れるため元将軍の真守と、飄々とした優男・白霞を従え天竺を目指す。

旅の途中、茜達はある廃鉱で足のない青年を拾い…。
その青年は大国「塞国」の王子・氷高の双子の片割れだった──!?

豪華タッグが送る、新解釈・中華ファンタジー!

関連商品をRakutenブックスで見る

 
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする