ニセ記憶喪失の蜂夜さん

ニセ記憶喪失の蜂夜さん
作者:植杉 光


不良で有名な蜂夜さんの強さに惹かれ、片思いする丸井。
しかしある日突然、蜂夜さんは記憶喪失になり、清楚な女の子に。
なんとか記憶を取り戻そうとする丸井だけど、
実は蜂夜さんの記憶喪失は”演技(ウソ)”だった――!

関連商品をRakutenブックスで見る

フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする