八十亀ちゃんかんさつにっき

八十亀ちゃんかんさつにっき
作者:安藤正基


東京育ちの高校生、陣界斗が転入先の名古屋で出会ったのは、露骨な名古屋弁の女子高生「八十亀最中」だった。
ネコのような風貌の八十亀ちゃんは、気難しく全然懐いてくれない…。
かわいい八十亀ちゃんを観察し、名古屋の魅力を見つけ出す、大人気局地コメディ!!

関連商品をRakutenブックスで見る

フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする