クビコリ様が飽いている

クビコリ様が飽いている
大出リコ(著者)


千年以上を生き、あらゆることをやり尽くした妖狐は、現代の世で暇を持て余していた。
妖狐は眷属の妖狼に今日も問う。

「なんぞ消閑の具を挙げよ」
と―――。

少女の姿をした妖狐と、少年の姿をした狼による、ひまつぶしコメディー☆

関連商品をRakutenブックスで見る

フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする