奈落のふたり

奈落のふたり
五郎丸えみ


クラスの最底辺にいるいじめられっ子・佐倉凛と、事なかれ主義の優等生・小峰悠哉。同じクラスにいながら言葉を交わしたこともなかった二人の関係は、悠哉が周りに流されて言った「死ね」の一言をきっかけに一変する。凛が教室の窓から飛び降りたのだ。一命を取り留めたものの、死のうとしたのは悠哉のせいだと主張する凛。困惑しつつも「何でもするから」と凛の許しを乞おうとした悠哉に対し、凛が求めたものは“ありえない関係“だったーー。

この漫画をコミックDAYS(2020/6/17連載開始)で読む

関連商品をRakutenブックスで見る

フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする