異世界魔術師は魔法を唱えない

異世界魔術師は魔法を唱えない
こっぱむ もち
ヤードにとってこの世界の魔導技術は遅れており
別世界から召喚された勇者たちも頼りない。
しかも元の世界に戻れないという……。
こんな絶望的な状況でも、ヤードは怪しくほくそ笑み、
降りかかる火の粉を払いのける!
「覚悟しておけ異世界人どもッ!!好きなだけ弄って、壊して、遊び尽くしてやる!!」

関連商品をRakutenブックスで見る

フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする