死んだ彼氏の脳味噌の話

死んだ彼氏の脳味噌の話
Ququ

死んだ彼氏の脳味噌の話

ある日、マリコの元に訪れてきた男は「ブレブレブレイン」という医療ベンチャー企業の社員だった。
男は、死んでしまった恋人の脳味噌を届けにきたとマリコに告げる。
その日からマリコと「死んだ彼氏の脳味噌」の奇妙な生活が始まるが・・・。

死んだ彼氏の脳味噌と暮らすマリコ、
愛されていた時の記憶を蘇らせる薬を飲むアヤ、
ロボットになった元カレと三角関係になってしまったミカ。

少しだけ未来の不思議なサービスを通し、本当の愛に気づく人々。
新進気鋭の若手作家Ququが描く、切なすぎる短編集。

関連商品をRakutenブックスで見る

フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする