彗星のしおり

彗星のしおり
一灯瑞希
大翔は小学生の頃から小説家への憧れと、小説家になれるという自信があった。 中学の3年間を創作に捧げ、投稿をしてみたものの、成果は上がらず。 高校生になった時には、すっかり夢をあきらめてしまった大翔だけど?
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする