私の皇帝に真っ赤なローリエの花を

私の皇帝に真っ赤なローリエの花を
J(SOYMEDIA), SOY MEDIA, YEONA
北部のトルテアで生まれ育った美しい赤髪の皇女ロエルは、両親を突然暗殺され城に監禁されて生きていた。北部征伐を企むカイロス帝国の侵略を恐れたトルテアの皇帝は、和親の証としてロエルをカイロス帝国に送る。 祖国に売られ、カイロスの皇帝エダンの側室となったロエルは取引を提案する。ロエルの望みは祖国の「滅亡」。復讐に燃える彼女は、自分を女ではなく1人の忠臣として傍においてほしいとエダンに申し出るが、思いもよらぬ寵愛を受けることに…血の風が吹くといわれる後宮での生活は一体どうなる!?
フッター広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする